トップ

お酒と炭酸水の関係

知っておきたい炭酸水の扱い方

カクテルでの炭酸水の扱い方

バーテンダーになったら、カクテルづくりにさまざまな材料を使うことになります。中でも扱いが難しい材料としてあげられるのが炭酸水。炭酸水の扱い方ひとつで、カクテルの味は大きく変わってしまいます。より美味しいカクテルを提供したいなら、自宅でも実際に炭酸水を使ったカクテル作りの練習をしておきたいところです。炭酸水をお探しならこちらを見てみてください。

なぜ、カクテルに使う材料の中で特に炭酸水の扱いが難しいのでしょうか。その答えは、炭酸水の発泡性にあります。雑に扱うとすぐに発泡しすぎてしまい、炭酸水ならではのパンチがなくなってしまうのです。

このため、炭酸水の扱いには丁寧さが要求されます。たとえば注ぎ方。炭酸水は、氷に当たらないように注がなければなりません。氷の表面には凹凸があります。この凹凸に炭酸水が当たると、不要な発泡が起こって炭酸が飛んでしまうので気をつけましょう。

また、ステアの仕方にも注意が必要です。ステアに使うバースプーンは、背の部分をグラスの内側に向けた状態で静かに差し込んでください。かき混ぜるときは、スプーンの背の部分がグラスの内側に沿って動くように回転させます。氷が回転し始めたら、惰性に任せてバースプーンを動かしましょう。

くれぐれも、力任せにステアを行わないようにしてください。炭酸水を荒っぽくかき混ぜると、すぐに炭酸が抜けてしまいます。ステアは静かに、かつ素早く行いましょう。あまり時間をかけてかき混ぜると、氷が溶けて水っぽいカクテルになってしまいます。

ステアが苦手なら、氷をバースプーンで少し持ち上げるテクニックも使ってみましょう。氷が持ち上がることで起こる発泡によって、適度に材料が混ざります。氷はあくまで少しだけ動かすことが肝要です。動かし過ぎると炭酸が飛びすぎるのでご注意を。

以上のように、カクテルを作る際の炭酸水の扱いには細かな注意点がたくさんあります。ひとつひとつチェックしながら、美味しいカクテルを作り上げてください。

Copyright © 知っておきたい炭酸水の扱い方. All rights reserved.