トップ / 炭酸で楽しむ甘口のお酒

お酒と炭酸水の関係

炭酸で楽しむ甘口のお酒

炭酸水がはえる甘口カクテル

女性に人気の高い甘口のお酒。バーテンダーなら、甘口のお酒を使ったカクテルの作り方は押さえておきたいところです。どうせ作り方を覚えるなら、男性も楽しめる甘口カクテルの作り方も知っておいたほうがよいでしょう。

甘すぎて男性が敬遠するお酒も、炭酸水で割れば飲みやすい味に変わるものです。たとえばアマレット。アマレットを炭酸水で割ると、甘さを抑えたアマレットソーダになります。

アーモンドのような香りと、原材料である杏仁のほのかな甘味がアマレットソーダの魅力。「アマレットは甘すぎるから」と敬遠している男性客にすすめてみれば、予想以上の飲みやすさに喜んでもらえるかもしれませんよ。

アマレットソーダでも甘すぎると感じるお客様には、カンパリソーダをすすめてみるのもよいでしょう。カンパリソーダは、苦味の後にほのかな甘味を楽しめる大人のカクテル。女性に人気があるため甘口と思われがちですが、そのさっぱりした味わいは男性も十分楽しめます。

カンパリソーダの作り方は、氷と炭酸水の入ったグラスにカンパリをワンショット入れるだけ。多くのカクテルでは炭酸水を最後に入れますが、糖度の高いリキュールは下に沈んでいくので最後に入れます。

少し苦味がきついと感じるお客様には、トッピングとしてカットしたオレンジやレモンを入れてあげるとよいでしょう。柑橘系フルーツの爽やかな香りが、カンパリの苦味を抑えてくれます。

このほかの炭酸水を使った甘口のカクテルとして、スミス&ウエッソンもオススメです。こちらはカルーアミルクに炭酸水を加えたカクテル。グラスに氷を入れ、ミルク、カルーア、炭酸水の順番で注いでいけば完成します。

甘口でありながら、後味がすっきりしているのがスミス&ウエッソンの魅力。女性客はもちろん、男性客にもデザート感覚で楽しんでもらえます。

甘さを程よく調整してくれることは、炭酸水をカクテルに入れる利点のひとつです。ここでご紹介したもの意外にもいろいろと研究して、ぜひ飲みやすい甘口カクテルを作ってみてください。

Copyright © 知っておきたい炭酸水の扱い方. All rights reserved.